cars -東武線に乗り入れそうで乗り入れない車両たち-
Series 2000@Tokyu Railway
車両について
 2000系は平成4年から新玉川・田園都市線の運用増強を目的として10連3本が製造されました。

9000系の設計を基とし、「人にやさしい車両」「快適な空間づくり」をコンセプトに、座席のシートの模様を各車ごとに変え、柄入りカーテンを採用するなど車内のデザインに斬新なアイディアを導入した車両です。
この他にもヒストグラムプレートやスターションポール、車いすスペースの設置も行われています。

 制御装置は1C8M式の日立製GTOサイリスタ式VVVF制御を採用しています。
台車が9000系と異なり円筒形積層ゴム式軸を採用しています。その他、クーラーのキセを2台1組なっている点や、車外スピーカーの有無なども9000系と異なります。

2001F、2002Fは先頭車台車に軌条塗油器が設置されています。
平成19年頃から全面、側面ともフルカラーLED式の行先表示器に交換されているほか、車内にも情報装置とドアチャイム装置の設置が行われました。

東武ATSを装備していないため押上以北には入れず、前面には東武非乗り入れを示すKマークが取り付けられています。
また基本的に東武非直通の運用に入るため、日中など目にする機会は少ないようです。
2000系の特徴
行先表示器はフルカラーLEDのものに交換されています 9000系と同様のスカートが設置されています。
東武非直通を示すKマーク 日立製のインバータ本体とフィルタリアクトル
車内
長い座席は7人掛けで、3-4の間に仕切り板があります。
また、座席が手前に出ており蹴込に余裕があります。
車端部は3人掛けですが、
こちらは蹴込部が長い座席と異なります。
貫通扉は面白い形状をしています。 ドア上にはLED表示器が取り付けられています
台車
TS-1010・M車用
TS-1011・T車用
(軌条塗油器付・Tc台車)
使用路線 半蔵門線、東急田園都市線
配置検修区 長津田検車区
所属編成数 10連:3本
計24両
製造業社名 東急車輌
制御方式 日立製GTOサイリスタ式VVVF制御
起動加速度 3.3km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用)
4.5km/h/s(非常)
歯数比 99:14 = 7.07
最高速度 東急線:110km/h
半蔵門線:80km/h
(設計:120km/h)
戻る
inserted by FC2 system