cars -東武線に乗り入れそうで乗り入れない車両たち-
Series 1000@Tokyu Railway
車両について
 1000系は昭和63年から製造された車両で、日比谷線用7000系を置き換えることを目的に製造されました。
9000系の設計を基本としつつ、日比谷線の直通協定に則って車体長18m、片側3扉で製造されています。
制御方式は東洋電機製のGTOサイリスタ式VVVFインバータを採用しています。

・日比谷線用8連
日比谷線用の8連貫通編成は地下鉄線の勾配対策として6M2Tとなっており、制御装置は1C8M(1つの制御器で2両分8つのモータを制御する)式で、M車は2両で1ユニットを組んでいます。
日比谷線直通用に使用される8連貫通の編成は1001F〜1008Fの計8編成が在籍します。

・日比谷線、目蒲線用の1000N系(1010F〜1013F)
平成2年には日比谷線直通の運用を増強するため、4連の1000N系(1010F〜1013F)が登場しました。
これら1000N系は目蒲線の予備車も兼ねて4+4に分割できるよう、中間に挟まれる先頭車の貫通扉が中央にオフセットされているのが特徴です。
この編成から制御器は1C4M式(1つの制御器で1両分4つのモータを制御する)に変更され、1M車が4両編成内に3両組み込まれ、3M1Tとなっていました。(1310、1312、1011、1013が貫通型先頭車となっています)

・池上、目蒲線用1014F〜1018F
平成3年に製造された池上、目蒲線用(当時)に1014F〜1018Fの先頭車は、先に製造された1000N系と異なり貫通構造にはなっておらず、1次車と同じ前面構造となっています。
1014Fから1018Fまでは製造時は4連で出場し、中間車のデハ1200は将来的に目蒲線が3連化された際に他編成に転用できるようにあらかじめ設計されていました。このデハ1200も、1019F〜1024F登場時に組み込まれています。

・池上線用1019F〜1024F
平成4年に池上線用に1019F〜1023Fまでの先頭車と1024Fの3連が登場しました。
その際、1018Fまでの4連編成からデハ1200を抜き、1019F〜1023Fに組み込み現在に至っています。

また、平成17年には日比谷線直通用編成には車内情報装置とドアチャイムが設置されたほか、一部編成に9000系と同型のスカートが装着されています。
車内
1000系の車内
車内はクリーム色の化粧板が取り付けられ、床敷物は茶色となっています。
座席は長い部分が9人掛け(3-3-3で仕切り板がある)、
短い座席が4人掛けとなっており、橙と茶色のモケットが交互に配置されています。
池上線編成はデハ1200に、日比谷線直通用編成は2、7号車にそれぞれ車椅子スペースが設けられています。
運転台
東横線(日比谷線直通)用 池上・多摩川線用
運転台はワンハンドルマスコンが採用されています。
パネルは茶色のものが採用され、基本的に化粧板はクリーム色となっています。
東横線(日比谷線直通)用の車両は9000系と区別するため速度計周りや化粧板が緑色になっているほか、メータ類がATC対応のものとなっています。その他にも左側に無線通話機も見えるほか、種別表示器も速度計の右上に見ることができます。
池上・多摩川線用の車両はワンマン運転対応のためのドア開閉関連のスイッチがマスコン周辺に付いているほか、ドア監視用モニターも取り付けらており東横線用の車両とは異なっています。
1000N系の組換
1000N系のうち、東横線(日比谷線直通用)と目蒲線予備の1010F〜1013Fはこれまで数回編成の組み換えが行われ、
これはとても興味深いものとなっています。ここでは組み換えについて、具体的に写真と図でご説明します。
ここで先頭車の車両番号の下に黄線の入った車両が貫通型先頭車を示します。
登場時〜平成12年改正(目蒲線→目黒線化)まで●


 平成12年改正までは4編成すべてが東横線に在籍し、4+4の固定編成を組んでいました。
この時、中間に挟まれる先頭車間の通り抜けはできず、単純に4+4で組成されているだけでした。
平成12年改正(目蒲線→目黒線化)〜平成15年まで●

 平成12年に1012Fと1013Fが目蒲線に転属、この時に蒲田方先頭車ののデハ1300を交換し、貫通型先頭車で組成される編成に組み替えました。
 同年9月に目蒲線が分断され多摩川線、池上線用になった1000N系はワンマン運転に対応するためモニター装置などが設置されたほか、中間のデハ1200に車椅子スペースを追設しました。
この時に多摩川、池上線が全列車3連での運転となるため、4連だったこの編成の中から1362、1363号車が休車扱いで脱車、長津田検車区で留置されることとなりました。

1010F+1011Fは引き続き東横線で使用されます。
平成15年〜平成21年●

 今度は1010F+1011Fに組み換えが発生します。
貫通型先頭車の運転台部分を無くすため、組み換えを実施、平成12年の3連化で休車となっていた中間車のデハ1362、1363を、先頭車の1310と1011の代わりに組み込むことになりました。
この時、付随車が必要だったため、1363を電装解除してサハ1051として置き換えています。

その後、平成21年に1010Fがは先頭車の1311-1010が伊賀鉄道に譲渡され、中間車が廃車になりました。
休車中だった1310-1011も同じく伊賀鉄道に譲渡され、第二の人生を歩んでいます。
なお、多摩川、池上線の1312F、1313Fは現役で活躍しています。


サハ1051の画像(下の画像は海側の床下機器 逆光につき見にくくて申し訳ない…
離脱、譲渡

平成19年に池上、多摩川線に7000系が投入された玉突きで1015F、1018Fが離脱、中間車を廃車した上で2連化し上田電鉄へ譲渡されました。
その後も1014F、1016Fも7000系の導入で上記2編成と同様に運用から離脱、2連化のうえ上上田電鉄に譲渡されています。
上田電鉄に譲渡されている編成はパンタグラフを増設、交換し、ワンマン対応設備の追設や保安装置を交換した上で使用されています。
また、1311-1010の2両と、1310-1011の2両が伊賀鉄道に譲渡されています。こちらもパンタグラフが増設されたほか(上田と異なり下枠交差式のものが増設)ワンマン対応設備が設置されているほか、車内の座席が一部クロスシートへ変更されている点と行先表示器がLED式になった点が異なります(前面のみ)また、忍者列車をあしらった車体塗装が目を引きます。
台車
TS-1006・M車用
TS-1007・T、Tc車用
使用路線 日比谷線、東急東横線
東急池上線・多摩川線
配置検修区 日比谷線直通用:元住吉検車区
池上・多摩川線用:雪ヶ谷検車区
所属編成数 8連:8本(貫通)
3連:9本(H21・11現在)
譲渡:2連×4本(上田)
2連×2本(伊賀)
廃車:10両
(上田余剰分の4両と伊賀余剰分の6両)
計109両製造
製造業社名 東急車輌
制御方式 GTOサイリスタ式VVVF制御
起動加速度 3.5km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用)
4.5km/h/s(非常)
歯数比 6.07
最高速度 東横線:110km/h
日比谷線、多摩川線:80km/h
池上線:85km/h
戻る
inserted by FC2 system